AGA専門を謳う病院

現時点で男性型脱毛症(AGA)にとられる治療法は2種類です。
薬の服用や塗布するタイプの薬を使用する治療法と、じかに有効成分を毛根へ注射で与えるという多少外科的なやりかたです。
二つとも甲乙つけがたい治療法で、体質、症状、それまでの経過などの要素によって推奨される方法は異なり、他人に効くからといって自分に効くわけではありません。
ですから、自分に合った方法を病院で幾つか挙げてもらい、理解したあとで更なる治療段階に進むのがAGA治療としては理想的です。
ドラッグストアや近所の薬局などでも薬剤師さえいればAGAの薬は購入できます。
しかし処方薬のほうが市販薬に比べて効き目が強いですし、病院で処方箋を出して貰わないと売ってもらえない医薬品もあります。
近頃はAGA専門を謳う病院も全国的に増えましたし、町中の個人病院の中でもAGAの治療を行うところも増えていますので、これはどうなんだろうと思い始めた時点で専門医に相談することが肝心です。
育毛剤を使うと、どれくらい経てば効果を実感できるのでしょうか?実際のところ、早くても半年弱、年単位で使い続けても、なかなか効果が出ない人もいます。
なぜ時間がかかるのかというと、ヘアサイクルという一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期を理解すると分かりやすいでしょう。
毛髪の成長が遅くなり、止まるまでの退行期が3週間程度、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、どれだけ育毛剤を使って栄養を補給しても成長期が来ない限り髪が生える可能性はありません。
長らく治療を続けていく中で、従来の生活習慣を見直すことは薄毛の進行を食い止める上できっと役に立ってくれるでしょう。