厚労省から育毛治療薬として許可が下りている薬

男性型脱毛症(AGA)専門の病院にかかり、医師のアドバイス通りに治療していったとしても、ストレスが多かったり食生活や睡眠などが乱れているままだとせっかく治療しても効果は思うように得られないでしょう。
規則正しい食生活を心がけたり、趣味などでストレスを発散するのも良いことですし、充分な睡眠時間をとることも欠かせません。
睡眠の質が低いとそれだけでストレスになりますし、おまけに体の代謝機能も低下して地肌や髪に及ぼす影響は深刻です。
現在において、厚労省から育毛治療薬として許可が下りている薬は、ミノキシジルとプロペシアの2種類のみです。
このうちプロペシアの方は内服薬として、外用薬として販売されているのはミノキシジルです。
内服する仕様のミノキシジルもあることはあるものの、現在日本ではまだ薄毛治療薬として認可されていないので、基本的な入手手段としては個人輸入となるでしょう。
発毛させたいと願うばかりに、頭皮に刺激を与えて、頭皮をブラシなどで叩く方がいるということをたまに聞くことがあります。
答えからいうと、この頭皮を叩く方法は発毛効果が期待できないばかりか頭皮に負担がかかり、髪の毛が薄くなったり抜けたりする原因になってしまうこともあるのです。
頭皮にあたる部分が尖っているブラシなどを使うのではなくて、何も道具は使わずに指先のような柔らかくて先が丸いものでマッサージすれば、それほど強い負担をかけずに頭皮や毛根などに良い影響を与えることが出来るでしょう。
洗髪する際の抜け毛の多さや排水溝に髪が詰まったのを見て、マイナチュレを試すことに決めたけど、使い始めてから二ヶ月くらいですぐに抜け毛が減ったのを感じることができたという高評価の口コミもあります。